デル株式会社

【改訂版】Q,受験で古文があるんですけど古典文学は読んだことありません。手っ取り早くあらすじがわかる本ありませんか?

女性が紅葉等の植わっている庭園を見ているところ

「受験で古文があるんですけど古典文学は読んだことありません。手っ取り早くあらすじがわかる本ありませんか?」とご質問をいただきました。

本来は自分で工夫する必要が有ることなのですが、古典文学の魅力を知ってくれる人を増やしたいと感じました。私は学生時代に中世日本文学を研究していましたので、私見を回答します。

古典文学のあらすじを漫画+入門書で

古典文学全般

漫画で古典のあらすじを知りたいなら、蛇蔵&海野凪子「日本人なら知っておきたい日本文学」がオススメです。清少納言や紫式部、鴨長明、吉田兼好、安倍晴明など著者にフォーカスを当てつつ古典のあらすじもさらっとわかります。

▼蛇蔵、海野凪子『日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典 (幻冬舎単行本) Kindle版』

古典文学全般のあらすじと解説を一気に読めるのが、山口仲美先生の「日本語の古典」です。山口先生は、世界一受けたい授業(日本テレビ系)や『100分de名著』(NHK Eテレ系)でおなじみの国語学者です。

この本では、奈良時代の『古事記』から、江戸時代の『春色梅児誉美』、まで、歴代の名作30作品が紹介されています。『源氏物語』のストーリーが数ページで巧みにまとめられています。大和和紀先生の『あさきゆめみし』を読む時間さえない、という場合はこの本がオススメです。

▼山口 仲美『日本語の古典 (岩波新書)

源氏物語

源氏物語ならば大和和紀「あさきゆめみし」が有名です。絵が美しいですし、あらすじもばっちりわかります。この漫画は一気に大人読みできるので、勉強と言うより娯楽として楽しむことができます。iBooksやKindle版で購入すると、本のスペース節約ができて良いですよ。

▼大和 和紀『あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット

平家物語

平家物語も本屋の漫画コーナーて見かけました。佐久間 智代先生の『平家物語』は平敦盛、平資盛など、平家のひとたちのストーリーをわかりやすくまとめています。

▼佐久間 智代 『平家物語 1 月の船、星の林

横山 光輝先生の歴史物は、絵もストーリーも丁寧に描かれています。学校の図書館で『三国志』を読んだひとならば、この本も読みやすいと思います。

▼横山 光輝『平家語物 (上)―マンガ日本の古典 (10) 中公文庫

源氏や俊寬など、平家以外のエピソードを把握したい時は、平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)がおすすめです。

平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)<

漫画を読むのも面倒だという場合は溝口監督の映画「新・平家物語」がDVDされているので、映画を観れば平清盛を中心とした一大スペクトラムがわかりやすいのではないでしょうか。詳細な部分に関しては端折られているので、参考書や原文をあわせて読んでくださいね。

新・平家物語 [DVD]

枕草子

NHKのまんがで読む古典は映画綺麗でわかりやすいとウェブ上で評判が良かったです。名作の原文を読む前に読むととっつきやすいのではないでしょうか?

▼面堂 かずき『NHK まんがで読む古典 1 枕草子 (ホーム社漫画文庫

山口仲美先生は、初心者向けの門書も書かれています。古典が苦手な人でも、説明が上手なのですんなり読めますよ。
▼山口 仲美『すらすら読める枕草子』

更級日記と蜻蛉日記

私は『女流文学日記』という本で、古文と現代訳を対照させて読みましたが、川村裕子先生の本もおすすめです。入門書なので、あらすじも当時の習慣もわかりやすかったです。

▼川村 裕子『王朝文学入門 (角川選書)

入門書として、角川ソフィア文庫からいい本が出版されていました。

▼原岡 文子『更級日記―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

文字はいやだという方は、漫画で読む古典をオススメします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

著者プロフィール

片岡杏実(Asami Kataoka):
元パソコンインストラクター。現在はキャリアコンサルタント。

当ブログでは、「教育」「ICT(アプリ含む)」「キャリア形成」を中心にお伝えします。 発言は個人的な意見であり、所属組織とはなんら関係ありません。

ページ上部へ戻る