デル株式会社

『稚児いま参り研究』を出版しました

片岡麻実『稚児いま参り研究』の表紙

このたび『稚児いま参り研究』という本を出版させていただきました。『稚児いま参り』は室町時代末期に成立したお伽草子で、女装して内大臣家の姫君の女房になる稚児や兜率天往生する尼天狗が登場する作品です。

▼『稚児いま参り研究』
https://amzn.to/3bIgDuu

本の内容は以下の通りです。


はじめに                                                   9

和歌受容にみる『稚児いま参り』成立私考

  • 『稚児いま参り』における研究史概括                    11
  • 一、『時慶卿記』と奈良絵本『ちごいま』                15
  • 二、鎌倉時代物語との類似                              19
  • 三、離別の和歌と重衡の和歌                            24
  • 四、「底の水屑」にみる平家取り                         31
  • 五、『平家物語』の女君と奈良絵本『ちごいま』           37
  • おわりに                                              41

『稚児いま参り』における尼天狗像私考

  • はじめに                                              52
  • 一、尼天狗の文学史                                    54
  • 二、『稚児いま参り』の尼天狗と『花世の姫』             59
  • 三、奈良絵本における尼天狗の人間化                   63
  • 四、『平家物語』灌頂巻との関連                        69
  • 五、竜から受けた影響                                  73
  • おわりに                                              78

Amazonでは「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」と表示されていますが、それは注文されてから印刷する形式になっているためと思われます。国会図書館でもお読みいただけます。

▼『稚児いま参り研究』-国立国会図書館
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I030530102-00

マンガ『鬼滅の刃』の影響で鬼や妖怪が注目を集めています。本書のように「尼天狗」を主題にして考察している本は、日本でもあまりないと思います。もしよろしければご一読いただき、ご意見をいただけましたら幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

著者プロフィール

片岡杏実(Asami Kataoka):
元パソコンインストラクター。現在はキャリアコンサルタント。

当ブログでは、「教育」「ICT(アプリ含む)」「キャリア形成」を中心にお伝えします。 発言は個人的な意見であり、所属組織とはなんら関係ありません。

ページ上部へ戻る